母の言葉 9/27中国新聞「エール」より

塾に来たMくんが浮かない顔をしている。いつもは元気すぎてお小言をもらうほどなのにどうしたのだろう。授業中も暗い顔で下を向いている。気になったので呼び出して話を聞いた。

「どうした。ずいぶん元気がないじゃないか」と聞いてみたが、反応はない。「何かあったか」と重ねて聞くと、ようやく重い口を開いた。「模擬試験が…」

先日、模擬試験の結果を返却した。Mくんは得意の算数で失敗していたのを思い出した。結果が良くなくて落ち込んでいたのか。えらい。真剣に結果を受け止めている。感心感心、と思いきや、そうじゃなかった。模擬試験の結果をお母さんにこっぴどく怒られたと言う。「こんなんじゃ合格は無理」「もう受験やめなさい」「塾も行かなくていい」とまで言われ、ショックを受けたようだ。

模擬試験では、得点や順位、偏差値、志望校判定など非情な数字がいくつも出てくる。この数字に親の心は大きく揺れる。良ければ安心するし、悪ければ不安になる。一喜一憂するなとは言われるが、なかなか感情を抑えきれない。

だが、その感情を生のままに子どもにぶつけるのはやめたほうがいい。大好きな母親から投げつけられた感情的な言葉は子どもの心をいとも簡単に傷つける。

やる気を起こさせるための𠮟咤のつもりかもしれないが、「合格できない」「受験も塾もやめさせる」という言葉を、子どもは額面通りに受け取ってしまう。

負の感情を言語化しないこと。どんなにはらわたが煮えくり返っていても、そこは我慢。そして言葉がけを変える。数字は冷静に確認するだけでいい。「どこがいけなかったのかな」と具体的な問題点、課題を明らかにする。その上で、「次のために何をどうしようか」と、改善に向けて具体的な行動を親子で話し合おう。

叱るのがいけないというのではない。12歳は大人にあれこれ注意されながら学んでいく。だが、論理的、理性的に叱るのと感情的に怒るのは全く違うということを理解してほしい。

出会いの季節 8/23中国新聞「エール」より

秋は出会いの季節だ。中学受験を考える親子を対象に、多くの学校で学校説明会やオープンスクールが開催され、文化祭や体育祭が公開される。学校も子どもや保護者が良い印象や思い出を持って帰れるよう、周到に準備して臨む。

説明会でアピールされる独自の教育活動や校風に興味をひかれ、文化祭で吹奏楽の演奏などのステージに魅了され、体育祭で応援団やマスゲームなどの伝統の演目や競技に目を奪われる。こうした体験が、受験生の意欲を刺激し、モチベーションを上げることになれば、保護者にとってはありがたい。学校にとっても、人気が高まり、志願者の増加につながれば万々歳。受験生と学校の双方にウィンウィンの関係を築く出会いの場と言えよう。

ただ、こうしたイベントはとかく学校の良いところばかりが強調されがちだ。だから、学校選びにはそれ以外のところにも目を向けたい。

言うまでもなく、学校とは建物ではなく、人と人が作り出す空間だ。同級生が、先輩と後輩が、生徒と先生がつくる関係性は、その学校独自の雰囲気や校風を生み出す。イベントでも校内の生徒たちの様子、生徒と先生の何げないやりとりなど、見ようとすれば見えてくるはずだ。そこにわが子を重ねることで入学後の姿もイメージできるだろう。

学校説明会で先生と話せる機会があれば、勉強や学校生活がうまくいかない場合の対応を聞いてみてもいい。成績不振や人間関係で悩む生徒は必ずいる。ケース・バイ・ケースだとしても、それなりの答えを持っているかどうかで学校の考え方や覚悟が分かる。

とはいえ、初めからわが子にぴったり合うオーダーメードの学校は残念ながら存在しない。子どもが自ら関わって居心地のよい場所にしていくのだ。勉強や課外活動、部活動に積極的に取り組み、それを楽しむことができれば学校が好きになり、学校は真の居場所となる。良い出会いを得ても、その後の付き合い方次第ということは肝に銘じておこう。

中学受験の勉強時間 7/19中国新聞「エール」より

「皆さん何時間くらい勉強しているんですか」と保護者に問われることがある。わが子の勉強時間が少ないのではないかという不安があるのだろう。学力と勉強時間の相関はあるし、中学受験をするのであれば、それなりの時間をかけなければならない。

だが、結論から言えば、人による。適正な勉強時間というものは、その子の学力と目標、さらに言えば学習態度によって決定される。だから、「そのままでいいですよ」もあれば、「もっと頑張りましょうか」と言うこともある。大事なのは、量以上に勉強の質であり、かけた労力が結果に見合っているかどうかで判断すべきだ。

志望校への受験勉強がある程度順調に進んでいるのであれば、そのままでいいだろう。多少の浮き沈みはあるかもしれないが、下手にいじらない方がいい。

一方で、成績が振るわず、志望校合格にはほど遠い学力なのに、勉強不足というのであれば、当然勉強時間を増やさなければならない。最小の努力で最大の効果を、などと虫のいいことは言っていられない。「もっと勉強しなさい」でいい。

問題なのは、机に向かっている時間は長いのに、成績は低迷しているというケースである。勉強の質に問題があるのは明らかだ。だらだらと集中せずに勉強しているため、時間だけが過ぎていく。こうなると、エンドレスに続く(ような気がする)勉強に耐えるため、心身共に「省エネモード」に入り、さらに集中度は低下する。悪循環だ。このまま続けても好転することはない。

勉強をもっと小刻みにしてみるといい。短時間で集中できる量にし、終わればインターバルを入れる。それを何セットか続けて、疲れたら終わりにする。一気に完璧など求めない。勉強の質を上げることを優先する。そんなことで間に合うの、という声が聞こえてきそうだが、結果に結びつかない勉強時間は意味がない。

夏休みが始まる。天王山を制するために、さてどれくらい勉強しましょうか。

分からなければ考えろ 6/7中国新聞「エール」より

「分からない」がM君の口ぐせだ。彼は算数が大の苦手。算数の出来は入試の合否を左右するから何とかしたい。勉強の大半を算数に費やしているが結果は出ない。授業後も残って勉強しているのにどうしてだろう。

彼の様子を見ていて、「なるほど」と納得がいった。彼は、「分からない」を繰り返し、質問ばかりしている。質問と言えば聞こえはいいが、ただその問題の解き方を教わろうとしているだけなのだ。自分で考えようとしない。すぐに音を上げる。

担当教師いわく、彼は「ゲーム攻略本型」だそうだ。攻略本とは、ゲームステージをクリアするために、戦い方やアイテムの集め方などをまとめたもの。そこに書いてある通りにやれば難なくゲームを進めることができる。

M君は解き方を知りたいだけで、なぜそうなるのかを考えていない。答えを出すことが勉強だと思っている。本質を理解していないので、少し問題が変わるだけで太刀打ちできなくなる。応用も利かない。

算数が好きな子は真逆の反応を示す。解けないで苦しんでいるときに教えようとすると、「言わないで!今考えているんだから」とくる。時には時間もかかる。だけど、この考えている時間が楽しいし、自力で解けたら面白い。自分でクリアしたいから、攻略本なんて要らない。

片やなんでも教わろうとし、片やとことん考えてみる。態度が根本的に違うのだ。「わからなければ質問しなさい」も時と場合による。どのレベルで止まっているのか見極めなければならない。1から10まで教わると、自分で考えなくなることがある。

森博嗣氏が著書『勉強の価値』で、「人から教えてもらおう、と考えることで、『学ぼう』という主体性の大半が失われてしまう。自分の頭で考え、自分で試し、自分で体験するという楽しみを放棄している」と説いていたが、その主張は的を射ている。「分からない」に対して「考えろ」も、時には立派な指導となるのだ。

教育のデジタル化 5/10中国新聞「エール」より

エヴァンゲリオンの世界の話だと思っていた「緊急事態宣言」、「ロックダウン」が現実になって1年がたつ。新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)は社会を大きく変えた。教育界も例外ではなく、想定外の学校休業を受け、学校も塾も緊急対応を余儀なくされた。

新時代教育の象徴として出番を待っていたICT(情報通信技術)は、子どもたちの学びを守る救世主として一気に時代の主役となった。対面指導、一斉授業ができない状況でも、指導を継続しなければならない。多くの学校や塾が、いや応なくタブレット学習、動画配信、リモート授業で対応した。当初は試行錯誤ではあったが、教師も懸命に取り組んだ。

その結果、旧態から抜け出し、新たな学習の形が成立したと言っていいだろう。タブレットを用いた学習コンテンツが駆使され、欠席してもリモート授業を受けることが日常になりつつある。まだ運用面において未成熟な部分はあるにせよ、教育のデジタル化が子どもたちの今後の学びの形を変えていくことは間違いない。

ではICTは学校や塾に取って代わるものなのか。否である。特に小学生の学習は、ある単元の考え方や解き方を学び、演習して身につければ、はい終わりとはいかないからだ。

人の振り見て我が振り直せの格言通り、集団の中で人から学ぶことは多い。隣の子の真剣な様子を見て、勉強する姿勢を学び、授業で周りの子の反応に刺激を受け、思いもしなかった発想に気付きをもらう。笑いや緊張もあれば、教師のしった激励もある。

子どもに最新のツールを与えさえすれば、よい教育環境を整えたことにならないと、親も理解してほしい。友人やライバル、教師と作るライブな空間が醸す空気の中で子どもは学び、成長する。GIGAスクール構想、ITC教育、大いに結構。学びの方法が高度化し、変化する教育改革を歓迎したい。ただそれはあくまでも教育ツール、メソッドだ。空間と空気の中にこそ学びがあるのは今も昔も変わらない。

マルだらけの答案 4/5中国新聞「エール」より

保護者には少しショッキングな話をしよう。

国語の授業でのこと。読解問題の解説をしていた。文章を読み返しながら答えを説明し、子どもたちに自分の答案にマル付けや直しをしてもらった。

ところが、ある子が正解を聞いてから、自分の答えを消して書き直し、赤ペンで〇を付けているのに気付いた。近寄ってみると、見事なまでのマルばかりの答案だ。薄い字で答えを書き、最初から消しやすいようにしてあるから手が込んでいる。

授業後、この子に話を聞いた。「どうして自分の答えを書き直すの?」「全部書き直していたら、どこをどう間違ったか分からないから復習できないよ」と話しても、黙ったまま。「間違えたところには×を付けようよ。勉強はそこから始まるんだから」と言うと、「大丈夫。間違いは覚えてるから。それに…?が多いとお母さんに怒られるから…」との言葉が返ってきた。

?が目立つと親から厳しく注意されるらしい。それが嫌でこんなやり方を身につけてしまったようだ。実を言うと、こういう子は他にもいる。

不正解に過剰に反応する親は少なくない。「どうしてこんなに間違いが多いの?」「ちゃんと考えているの?」などなど。わが子の答案にある?が耐えられない。こんなことで受かるのかと不安で仕方がない。

心配の種は少ない方がいい。だが、間違えることはそんなにいけないことなのか?

子どもが伸びていくためには、成功体験と同じくらい、つまずくことが大切だ。?から学ぶことは多い。同じ失敗を繰り返さないように努力すればいい。むしろ失敗から学べる場を作ってやるのが大人の務めではないか。親が自分の不安解消と目先の安心を優先すると前述のような子が出てくる。子どもの自己防衛の結果がマルだらけの答案なのだ。

いっぱい赤が入った答案のどこがいけない。それこそ努力の証しじゃないか。赤ペンを使ってゴシゴシ直しをしている子どもを育てよう。

中学受験の意味 3/1中国新聞「エール」より

広島都市圏の中学入試は松も明けぬうちから始まる。多くの受験生が第1志望とする「本命」の試験が集中する1月末まで、約3週間にわたる長期戦だ。

受験生はこの間、複数の学校を受験。まずは本番というものを知り、試験慣れしながら経験値を上げていく。ただ併願校とはいえ、その結果はメンタルに大きな影響を与え、プラスにもマイナスにも作用する。

Tくんの受験初日。前日から、はた目にも緊張が伝わり心配していたが、何とかA中学に合格。自信につながると思ったが、これが悪い方向に作用する。そう、初めて合格を手にし、浮かれてしまったのだ。その日から明らかに気が緩み、丁寧に学ぶ態度が消えた。彼は試験をなめた。

2校目のB中学は、すっかり緊張感をなくしたまま受けて不合格。両校とも第1志望ではないのに、合格と不合格という結果の間で彼の心は大きく揺れた。

このまま本命入試を迎えさせるわけにはいかない。T君を呼んで話をした。「なぜB中学は不合格だったんだろう」と問い掛けると、「ボク…真剣じゃなかった気がする…」。感心した。ちゃんと分かっている。「そうだな、君が不合格になるはずがない。心の隙を突かれた結果なんだろう。いいか、もう悔いは残すな」と背中を押した。

それからの2週間、彼は悔しさをバネに努力を重ねた。第2志望のC中学、第1志望のD中学の入試は目前に迫っていた。自分に「克つ」ことの大切さを知り、寸陰を惜しんで必死に闘う姿を見ていると、なぜか胸が熱くなった。

T君はC、D中学とも合格し、第1志望校への進学を決めた。彼は言う。「B中学の不合格がつらかったけど良かった気がする。だって、あれからスイッチが入ったから」。3勝1敗という数字に意味はない。B中学の1敗の痛みにこそ、成長につながる意味があったのだ。今日から3月。受験本番へ向けた新たな1年がもう始まっている。

「中学受験」~12歳 成長への通過儀礼

年明け早々、中学入試が開幕。とはいえ、この時期は前哨戦で、本命前の腕試しというケースが多い。ひとまず受験を体験し、実戦の勘を養おうというのだが、その割には前日から顔が引きつっている。

日頃、大人相手にどれだけ生意気な口をきこうとも、しょせんは12歳の子どもである。長い年月をかけて勉強してきた(全力投球したかどうかはおいといて)結果が問われる審判の場を前にして、心穏やかに、とはなかなかいかない。

なにしろ初体験である。あれやこれや親や塾の先生に忠告されても経験値がないため「実感」としてつかめない。ただ、「なんか、ヤバイ」という漠然とした危機感や焦燥感が日を追うごとに大きくなっていく。

これが二、三ヶ月前なら、「ま、いっか」で逃げていた彼らが、この時期にはもがき、あがく。体調が悪くても休まない。休憩時間も問題を解き、先生をつかまえてしつこく質問する。解けない問題を前に爪をかんで、ひざをゆする。時には出来の悪さに涙する。まさに寸陰を惜しみ、必死で戦う受験生の姿がそこにある。

こんな子どもたちをかわいそうと思う人もいるかもしれないが、僕はそんな子どもたちと出会うためにこの仕事をしていると言っても過言ではない。彼らの姿に成長のひとつの形を見るからだ。

痛みや苦しみを経験しなければ人は強くなれない。だが、現代は「純粋培養」され困難を経験しないまま大人になっていく子どもが増えている。受験は現代に残された数少ない通過儀礼のひとつではないか。受験を通して子どもたちは大きく成長していく。その成長は、受験=悪という図式だけにとらわれている人間には見えないものなのだろうと思う。

願わくば、努力と等価の結果を全員に与えてやりたいが、現実は必ずしもそうならない。いくら経験を積んでもこの非情さだけには慣れることはできない。

すべての受験生が悔いを残さず全力を尽くしてくれることを願ってやまない。

「承認の言葉」~課題修正の勇気与える

子どものやる気を奪うNGワードをご存じだろうか? 「何回言えば分かるの」、「前もそうだったでしょ」、「いいかげんにしなさい」、「もう知らないわよ」、「お父さんに言うからね」等々。その無神経で感情的な一言でいともたやすく子どもは傷つく。「えっ? それくらいで?」と思う人はすでに“重症”。さらにエスカレートする可能性もあるので要注意。

小学六年生の「国語王」と、誰もが認めるA君は漢字テスト満点合格の常連である。そのA君が先日のテストで半分の5点しか取れなかった。うつむいたままの彼が気になって、話を聞いてみた。

A君は前回のテストで算数の出来が悪く、お母さんから「いくら国語ができても意味はないでしょ。算数ができないと受からないのよ」と怒られたと言う。彼自身、国語に比べて算数が今イチでなんとかしないといけないと思ってはいたものの、絶対の自信を持っていた国語を「無意味」と完全否定されたことがとてもショックだった。一生懸命頑張っても意味がないならやるだけ無駄と、気持ちが萎えてしまうのも当然だろう。その結果の「5点」だった。

「テストの結果を見てカーッとなってつい」と言うお母さんもまさかわが子が自分の言葉でそこまで傷ついているとは思ってもいなかったらしく反省しきりだった。
子どもは親が思っているほど打たれ強くはない。否定の言葉にはことのほか弱く、私の長い塾教師生活の中でも、否定され続けて伸びた子は一人もいない。

子どもを伸ばすのは承認の言葉である。認められれば元気になる。その元気が修正すべき課題に取り組む勇気をくれる。そんなこと百も承知のはずなのに承認できないのは、親が期待のあまり、わが子の欠点ばかりに気を奪われてしまうからにほかならない。

「何言ってんだ、お前の国語ってマジですごいんだぞ」と言ってやったときのA君の顔は、きっと皆さんにも想像できるだろう。その少し照れた笑顔こそ承認の効果なのだ。

「カタコトの日本語」~単語でなく文で会話を

こういう仕事をしていると、昨今の問題視されている子どもたちの国語力の貧困さは手に取るように分かる。

「情けは人のためにならず」や「的を得る」といったことわざや慣用句の誤用(分かりますよね?)、「見れる」「来れる」などのら抜き言葉の乱用は彼らの十八番。とはいえ、これらを知識としてたたき込むだけならそれほど難しいことではない。ただ、表現力だけは一朝一夕でなんとかなるものではない。

「兄の一番の願いが母をふるさとに連れて行き、思い出のつまった鎮守の森を見せたいから」。読者にはこの記述解答のいびつさは一目瞭然だろう。主語と述語がつながっていない、いわゆる「ねじれ文」なのだ。「あなたの好物はケーキを食べますか?」ではなく「あなたの好物はケーキですか?」となるように、主語と述語が対応していなければ文意は正しく相手に伝わらない。具体的なデータがあるわけではないが、この「ねじれ文」、間違いなく「ら抜き言葉」並みにまん延している。これは俗に言う「単語会話」の弊害だと思われる。

「先生、トイレ」には「おれはトイレじゃない!」と返す。幼稚園児じゃあるまいし、“立派な”小学生ならちゃんと主語と述語の整った“文”で、「先生、トイレに行ってもいいですか」と表現しないといけない。

だが、このカタコトの「単語会話」で意思が通じてしまうのが現代社会。問題の根っこはここにある。大人が子どもの稚拙な表現をただすことなく、何を言いたいのか察してくみ取ってやるから、子どもたちは一向に改めようとしない。生まれつき表現力の優れた子どもはいない。大人が「何が」「だれが」「いつ」「どこで」「どうする」という質問で補ってやりながら、徐々に適切な表現を身につけていくものなのだ。

かわいい子どもに情けは無用。そう考えれば、「情けは人のためにならず」もあながち誤用とばかりは言いきれない。